「ちょっと懐かしくてあったかい」イラスト・デザイン

setouchi-iland瀬戸内島巡り
瀬戸内島巡り

大久野島への行き方 うさぎの島へ遊びに行ってきました!

こんにちは!はじめまして。瀬戸内の島巡りが趣味なやんぴーです。
広島でイラストやデザインの仕事をしています。

さて、今年のGWに大久野島(広島県/竹原市)へ行ってきました!
大久野島は別名「うさぎの島」。
随分前にネットで話題になってから知ってはいたけど行ったことはなく、県外の友達が「可愛いうさぎに癒やされたいんだ!」と広島にやって来たので遊びに行ってきました。

広島〜大久野島までのルート

事前にネットで調べたり、知人にどうやって行ったか?と聞いた結果

  • 自動車(忠海港に無料公共駐車場がある)
  • 新幹線&JR(広島→三原→忠海)
  • 高速バス(広島バスセンター発→忠海)

といった大体3パターンになりました。
私と友人はペーパーで車に乗れないので、電車か高速バスのどちらか。
高速バスなら乗り換えもなく、広島駅も経由するので楽ちんかなと高速バスが第一候補に。

・・・と思っていたものの、GWの天気予報がコロッと変わってしまったので
急遽友人が来る日の午後に大久野島へ行くこととなりました(笑)時間は午後からになったものの、天気第一優先で間違いなかったと思います。

広島〜三原(新幹線)→三原〜忠海(バス)で行きました

上記で紹介したように三原駅に着いてからJR呉線で忠海まで行けますが、ちょうど三原駅前から出るバスも来そうだったのでバスに乗りました。
なんだか色々予定とは違ってきてますが気にしない!(笑)

忠海駅に到着すると、駅前から忠海港まで少し歩きます。
港に到着したらすでに結構な列でした。次のフェリーが来る20分前位だったかな?でも大型フェリーには全然乗れたし船内も座ることができましたよ。

船に乗って15分くらいで大久野島へ到着します。アジア、欧米問わず外国の観光客の人も結構いました。そんな中、到着する前に私の後ろから聞こえてきた言葉は・・・

「あ〜心がぴょんぴょんするんじゃ〜」

これは広島弁じゃなくって、アニメごちうさのネットスラングとでもいいましょうか
とにかく私も詳しくは語れませんが「わくわくする!」ってことかと思います。
リアルに喋り言葉として用いている人を初めてみましたが、分かるぞその気持ち!
私もワクワクして到着してから港の様子等ほとんど何も写真撮れていません!!(笑)

到着!人もたくさんいるけどうさぎもたくさんいる。

ペレット、地面に置くより手で渡した方がよく食べてくれるのはなぜだろう…?

港付近からすでにうさぎが何羽もいます…!
この日は天気が良かったのでうさぎも暑いのか砂場や日陰に寝そべってる子も多かったです。
休暇村(島内にある宿泊施設)に向かう送迎バスの後を追う感じでゆっくり歩いて島の散策開始です。この送迎バス自体は無料らしいので、乗るのもいいですね。

島内には資料館や廃墟、灯台もあって、滞在時間に合わせて色々な楽しみ方ができそうです。
道はきれいに舗装されている所もあれば、そうではなく砂場や山道もあるので、歩きやすい靴が一番かと。

私はこんな感じの動きやすい服装でした!
島ではうさぎのエサは売ってないようなので、忠海港でペレットを購入。野菜を持ち込みしている人も多く見ました。 今回のように休日・午後から遊びに行って夕方になったら帰る場合はペレット1袋でもちょうど良い量だな〜と感じました。

地図から消された島

毒ガス資料館も見学しました。
戦時中、日本軍の毒ガス研究がこの島で行われていて、その存在を隠す為に日本地図には記されていなかったということや、当時の島の様子を写真や資料等で知ることができます。
小学校の平和学習で広島には軍事施設が多かった、ということを聞いていましたが毒ガスの施設については知りませんでした。
島には当時の研究施設が廃墟となったまま残されていたり、防空壕跡も島内にありました。
大久野島の歴史を少しでも知れたのは良かったです。

その後なぜうさぎがこんなに繁殖したのか?そのきっかけは何だったのか?
ネットで調べてもみましたが、その真相は分かりませんでした。気になりますね。

島で生きるうさぎ

これまで野外でうさぎの生体を見たことがなかったので、実際の巣穴の様子が見られたり、群れているうさぎもいれば一羽で過ごしているうさぎもいたり、小さな仔うさぎもいたり、そういった生体を垣間見ることができたのがとても新鮮でした!そして勿論可愛かったです♡

顔を洗ううさぎ

うさぎが顔を洗う仕草というのを初めて見て、その可愛さにびっくりして一瞬目が点になりました。そうか、うさぎも顔洗うよね…!

大久野島のうさぎはアナウサギだそう。巣穴にぴったりはさまって寝ているのは中々に気持ちが良さそうだったなぁ。

平日といえど、GWの中間で午後に到着でしたので、お腹いっぱいな様子のうさぎが多いかな?と思っていましたが、港から離れる程うさぎもお腹を減らしているんだなと、ぴょんぴょん駆け寄ってくる様子で伺えました。
なので、休日でもうさぎにモテたい!という方は、最初から遠くの方を目指すのもありかも!

休暇村では宿泊したり、広場ではキャンプも出来る

一息ついての休憩、お土産などは休暇村で手配することになります。
私らは結局島の半分位しか見られてないので、のんびりしたい&うさぎ好きな人は宿泊も良さそうですね。

 

私は日本酒好きなんで、旅先ではお土産に大体小さなボトルかワンカップの地酒を探します。
休暇村でも竹原市で造られている「幻」のワンカップをお土産にしました〜!

三原港から高速フェリーで大久野島、というルートもあるみたい!!

次に行くならこのルートで行きたいなと思っているのが、三原港→大久野島 までの高速フェリーです。
土日限定ということですが、忠海駅まで行かなくていいし、値段もそこまで高くないし便利だと思いませんか?この案内が事前にネットで検索した時にはヒットせず、当日三原駅の駅前案内板を見て知ったのでした。その後、調べてみたらちゃんとサイトもありました。

うさぎの暮らしを知る貴重な機会になりました

これまでうさぎを知る機会は小学校の生き物係くらいでしたので
うさぎって群れて暮らすものなんだなとか、 跳ねて駆け寄ってくる姿が可愛いなぁ〜とか、色や性格も様々な様子を知ることができて楽しかったです。
次回行くなら、行きはショートカットで港からの送迎バスに乗って、島をもっと散策して歩いてみたいな。あと、お水を持っていってきれいな水を受け皿に注いであげたい。

  • 大久野島では野生のうさぎ達の様子を見て触れ合える、癒やされる。
  • 島のルールを守るの大事!
  • きっと沢山の学びと発見があるはず!
Category : 瀬戸内島巡り

コメントを残す





同じカテゴリーの記事5件

HOMEへ戻る